神宮会館 伊勢神宮崇敬会
HOME ご案内 館内とお部屋 お料理 ご宿泊 imgs_shukuhaku 伊勢神宮参拝 アクセス お問い合わせ
人生儀礼一覧 ≪ 戻る
成   人 成人の日(1月第2月曜日)にお参りし、無事に大人の仲間入りができたことをご神前に報告します。
結   婚 数ある人生儀礼の中で最も晴れやかな節目です。ご神縁によって結ばれた二人が、苦楽を共にして明るい家庭を築き、子孫の繁栄をご神前に誓います。なお神宮で結婚式を挙げることはできないので、参宮をされ結婚の報告をします。
厄   年 数え年で、男性は25・42・61歳、女性は19・33・37歳が厄年と言われ、特に男性の42歳と女性の33歳は大厄とも言われております。災厄が身に降りかからないよう神社で厄除けのお祓いを受け、また今後一層の発展を祈願しお祝いをします。
なお男性の42歳と61歳は、社会における重要な年回りとされ、神事において大切な立場にあたりました。そのため、厄年の「やく」は、神祭りを行う神役の「役」のことであるとも言われます。その役を行うにあたって神様に失礼のないように、飲食や行為を慎み身心を清浄にするために、ご祈祷を受けたのが始まりであると考えられます。
還   暦 男女共に数え年で61歳です。長い間、家庭や社会のために尽され、再び生まれてきたときの干支に還ることをお祝いし、今後更なる長寿をご神前で願い、家族と共に末永い長寿を祈ります。

年   祝 家族の者が長寿であることほど、おめでたいことはありません。一定の年齢に達すると、家族共々で神社に参拝し長寿のお祝いをします。
各年齢の呼び方は以下の通りです。
古希(こき) 70歳 喜寿(きじゅ) 77歳
傘寿(さんじゅ) 80歳 半寿(はんじゅ) 81歳
米寿(べいじゅ) 88歳 卒寿(そつじゅ) 90歳
白寿(はくじゅ) 99歳 上寿(じょうじゅ) 100歳
茶寿(ちゃじゅ) 108歳 皇寿(こうじゅ) 111歳
結婚記念日
苦楽を共にと誓った結婚式を、毎年の記念日として祝い、家庭の平安をお祈りします。
各記念日の呼び方は以下の通りです。
革婚式(かわこんしき) 3年目
木婚式(きこんしき) 5年目
銅婚式(どうこんしき) 7年目
錫婚式(すずこんしき) 10年目
水晶婚式(すいしょうこんしき) 15年目
磁器婚式(じきこんしき) 20年目
銀婚式(ぎんこんしき) 25年目
真珠婚式(しんじゅこんしき) 30年目
珊瑚婚式(さんごこんしき) 35年目
ルビー婚式木婚式(きこんしき) 40年目
サファイヤ婚式 45年目
金婚式(きんこんしき) 50年目
エメラルド婚式 55年目
ダイヤモンド婚式 60年目
※ダイヤモンド婚式が75年目の場合もあります
着 帯 日 妊娠5ヵ月の戌(いぬ)の日に岩田帯を締め、神社にお参りして安産祈願をします。
初   宮 男児は生後31日目、女児は生後33日目に神社に初めてお参りします。誕生の報告と健やかな成長を祈願します。
初 節 句 生後初めての節句は、女児は3月3日、男児は5月5日で、健やかな成長を祈願します。
七 五 三
3歳の男女児、5歳の男児、7歳の女児が11月15日に神社にお参りし、成長の感謝とこれからの無事を祈ります。
古く3歳は「髪置」、5歳は「袴着」、7歳は「帯解」と言われています。

Copyright(C) 伊勢神宮崇敬会
Copyright (財)伊勢神宮崇敬会