伊勢神宮崇敬会
伊勢神宮崇敬会について 入会のご案内 良く合うお問い合わせ
HOME 年間行事 歳時記 崇敬会だより 会員情報 神宮会館 伊勢神宮 神宮の博物館 リンク
神宮の歳時記
神宮祭典並びに恒例式一覧表  1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月

月日 祭典名 祭典の趣旨
1月 1日 歳旦祭 新しい年のはじめをお祝いする。
3日 元始祭 天津日嗣(皇統)の元始をお祝いする。
7日 昭和天皇祭遙拝 先帝のおかくれの日、宮中皇霊殿にてご親祭が行われるについて、神宮でもその遙拝式が行われる。(内宮第一鳥居内祓所)
8日 大麻暦奉製始祭 神宮大麻(お神札)と暦の奉製始めの祭典が行われる。(頒布部祭場)
11日 一月十一日御饌 両正宮をはじめ、諸宮社におまつりするすべての神々に神饌を奉る。続いて五丈殿で舞楽が奉奏される。(内宮)
31日 大祓 大祭の前月末日に、神宮神職・楽師の罪・けがれを祓う行事が行われる。また6月、12月の末日には全職員の大祓が行われる。(内宮第一鳥居内祓所)
      ▲トップへ
2月 11日 建国記念祭 国のはじめをお祝いし、今後の発展をお祈りする。
17日から
23日まで
祈年祭 「としごいのまつり」ともいい、神饌を奉って五穀の豊穣をお祈りする大御饌の儀と、勅使が参向して奉仕される奉幣の儀の二つの祭典が行われる。引き続き別宮以下諸宮社でも祭典が行われる。
      ▲トップへ
3月 5日 大麻暦頒布終了祭 崇敬者に頒布する大麻と暦の頒布終了の奉告祭。(内宮神楽殿)
春分の日 御園祭 神嘗祭付属の祭典。野菜、果物などの豊作をお祈りする。(神宮御園)
同日 春季皇霊祭遙拝 宮中皇霊殿で皇祖をおまつりになるに際して、神宮でも遙拝式が行われる。(内宮第一鳥居内祓所)
      ▲トップへ
4月 2日 神田下種祭 神嘗祭付属の祭典。神嘗祭をはじめ諸祭典にお供えするご料米の稲種を神田にはじめて下ろし奉る祭典。(神宮神田)
3日 神武天皇祭遙拝 神武天皇のおかくれの日、宮中皇霊殿にてご親祭が行われるに際して、神宮でもその遙拝式が行われる。(内宮第一鳥居内祓所)
中旬 大麻用材伐始祭 大麻のご用材を伐り始めるにあたって、内宮宇治橋の向かい側の山上の祭場で、神饌を奉って祭典が行われる。(丸山祭場)
  28〜30日  春季神楽祭  神楽祭は神恩に感謝を捧げ、国民の平安を祈って春・秋に二回行われる行事で舞楽や神賑行事が拝観できます。
30日 大 祓 前述のとおり。
      ▲トップへ
5月 1日 神御衣奉織始祭 神御衣祭付属の祭典。皇大神宮及び荒祭宮ご料の和妙・荒妙を奉織するにあたって行われる。(神服織機殿神社・神麻続機殿神社)
13日 神御衣奉織鎮謝祭 神御衣の和妙・荒妙のうるわしく織り上がったことを感謝する祭典。(同上)
14日 風日祈祭 御幣帛、御笠、御蓑を奉り、雨風の順調、五穀の豊穣をお祈りする。
同日 神御衣祭 皇大神宮と荒祭宮に和妙、荒妙二種の神御衣を奉る。5月は夏のご料、10月は冬のご料を奉る。(内宮)
31日 大 祓 前述のとおり。
      ▲トップへ
6月 1日 御酒殿祭 月次祭付属の祭典。ご料酒が、うるわしく醸造されるようお祈りする。(内宮御酒殿)
15日 興玉神祭 月次祭奉仕にあたり、内宮御垣内西北隅にご鎮座の地主の神、興玉神をおまつりする。
同日 御 卜 月次祭奉仕の神職が、奉仕直前に神の御心にかなうか、おうかがいする神事が行われる。(内宮中重)
15日から
25日まで
月次祭 由貴の大御饌を午後10時、翌午前2時の二度奉り、次いで正午、奉幣の儀が行われる。引き続き別宮以下諸宮社でも祭典が行われる。(皇大神宮6月16日、17日)(豊受大神宮6月15日、16日)
30日 大 祓 前述のとおり。
      ▲トップへ
8月 4日 風日祈祭 御幣帛を奉り、風雨の順調、五穀の豊穣をお祈りする。
      ▲トップへ
9月 上旬 抜穂祭 神嘗祭付属の祭典。神田にて神嘗祭に奉る御料米の稲穂を抜きまつる祭典が行われる。(神宮神田)
17日 大麻暦頒布始祭 崇敬者に来年度の大麻、暦を頒布するに際して、関係者参列のもとに頒布始めの奉告祭が行われる。(内宮神楽殿)
23日 秋季皇霊祭遙拝 春分の日と同様に、遙拝式が行われる。(内宮第一鳥居内祓所)
30日 大 祓 前述のとおり。
      ▲トップへ
10月 1日 御酒殿祭 神嘗祭付属の祭典。(6月の月次祭の項参照)
同日 神御衣奉織始祭 神御衣祭付属の祭典。(5月の項参照)
5日 御塩殿祭 年中の諸祭典にお供えする御塩が、うるわしく奉製されるようにお祈りし、また塩業に従事する人々の守護をお祈りする。(御塩殿神社)
13日 神御衣奉織鎮謝祭 神御衣祭付属の祭典。(5月の項参照)
14日 神御衣祭 5月の項参照。
15日 興玉神祭 6月の月次祭の項参照。
同日 御 卜
15日から
25日まで
神嘗祭 その年の新穀を大御神に奉り、ご神恩に奉謝申し上げる最も由緒深い祭典である。陛下には勅使を差遣されて奉幣の儀が奉仕される。外宮内宮由貴夕大御饌15日午後10時16日午後10時由貴朝大御饌16日午前2時17日午前2時奉幣16日正午17日正午御神楽16日午後6時17日午後6時引き続き別宮以下諸宮社でも祭典が行われる。
31日 大 祓 前述のとおり。
      ▲トップへ
11月 23日から
29日まで
新嘗祭 新穀を陛下御自ら神々に奉られ、また御自らもお召し上がりになる大儀が宮中で行われるに際して、神宮にも勅使を差遣されて、奉幣の儀が行われ、それに先立って神饌を奉り大御饌祭を奉仕する。引き続き別宮以下諸宮社でも祭典が行われる。
30日 大 祓 前述のとおり。
      ▲トップへ
12月 1日 御酒殿祭 月次祭付属の祭典。(6月の月次祭の項参照)
15日 興玉神祭 6月の月次祭の項参照。
同日 御 卜
15日から
25日まで
月次祭 〃(皇大神宮12月16日、17日・豊受大神宮12月15日、16日)
20日 大麻暦奉製終了祭 崇敬者に頒布するその年の大麻、暦の奉製の終了したことを大御神に奉告する祭典。(頒布部祭場)
23日 天長祭 天皇陛下のご誕生をお祝い申し上げる祭典が行われる。
31日 大 祓 前述のとおり。
      ▲トップへ
毎日 日別朝夕大御饌祭 年中、毎日朝夕の二度、外宮の御饌殿で、両大御神、各相殿神及び各別宮諸神に大御饌(お供えもの)を奉る。
随時 大麻修祓式 奉製されたお神札、お守などをお祓いする式。(頒布部祭場)


▲このページのトップへ
ホーム年間行事歳時記崇敬会だより会員情報
伊勢神宮崇敬会について入会のご案内神宮会館
伊勢神宮崇敬会
〒516-0025三重県伊勢市宇治中之切町152
TEL/0596-24-7162 FAX/0596-22-1517
E-mail/info@jingukaikan.jp
Copyright 伊勢神宮崇敬会